太陽光発電設置の補助金について


太陽光発電の設置は、初期コストが高いですが補助金を貰える場合があります。国や都道府県、市町村により補助金の金額や支給期間が様々な為、貰えない地域もあります。しかし、わからないままだと勿体無いので、確認する必要があります。

国からの補助金の額は最大出力によって異なり、1kw辺りのシステム価格が55万円以下の場合、1kw辺り3万円の補助金が支給されます。また、1kw辺りのシステム価格が47.5万円の場合は、1kw辺り3.5万円の補助金が支給されます。これらを全国平均の4kwにあてはめると、国から支給される補助金は、12万円から14万円になります。

補助金をもらうには、申し込みをする必要があり、期間も設定されているので事前の確認が大切です。また、期間内であっても予算が無くなり次第終了となるので、設定予定がある場合は早目の対応が必要です。太陽光発電設置にあたり、国だけでなく都道府県や各自治体からも補助金が支給されることもあるので、ネットのサイトなどを利用して自分が該当する地域は、補助金がどうなっているのか調べるのも良い方法です。

太陽光発電の必要性

日本における電力の供給は主に、原子力発電・火力発電がべ-スとなっています。原子力発電は単価が安く大量の電力を安定して供給できる長所がある一方で、放射線廃棄物という毒性の強い物質が発生します。故に環境へ多大な悪影響を及ぼす危険性があります。

また、火力発電の原料となる化石はこれから数十年で枯渇するとも言われており資源が有限であります。火力発電は二酸化炭素を大量に排出するので地球温暖化の原因になることから考えて環境にとって良いものではありません。これからは地球環境への配慮という点で電力供給を考える必要があります。

そこで、着目されているのがクリ-ンエネルギーです。その1つとして太陽光発電があります。屋根に太陽光パネルを設置し電力生産を行うというものです。一般家庭で導入することはそんなに難しくありません。太陽光発電に補助金が出る理由は、日本国内の家庭に対し太陽光発電設備の導入を促す為です。

太陽光発電に必要な設備工事の費用を国へ申請することによって、費用の一部分を負担してくれる「補助金」が給付される制度があります。太陽光発電の補助金には、国民に対し環境への影響を考える意識を高めてもらおうという意図も含まれています。

地球へのメリットが大きい太陽光発電

太陽光発電システムについて、まったく聞いたことがない人はそれほどいないと思いますが、それでは太陽光発電の補助金制度についてはご存知でしょうか。

化石燃料を使った火力発電のような従来の発電方法とは違い、太陽光のような持続可能、再生可能なエネルギーを使用して電力を作ることは、環境保護やエネルギー利用の観点からメリットが大きく、そのため地域によっては、太陽光発電をおこなう世帯に補助金が支給される場合があります。

以前は補助金が国から支給されていたのですが、2014年からは制度が変更になりました。そのため、地域によっては太陽光発電の補助金制度がない場合もあります。補助金の金額についても、算出方法は地方自治体によってさまざまです。

発電した量に応じて補助金が支給されることもあれば、太陽光発電システムの総工費を基準として補助金を算出している地方自治体もあります。太陽光発電をとりいれる際には、補助金も上手に活用していきましょう。

PAGE TOP ↑